この記事を人に教える

梅田の隣「中崎町」 (4) 突撃!魚屋のカレー

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

梅田のすぐ隣にあるとは思えない、独特の時間が流れるミステリアスな商店街「天五中崎通」。その一角になんとも怪しげで謎の店がある。
「よしや」というカレーライスの店である。
店構えは魚屋、なのに「占い」の提灯を下げているわ、カレーライスののぼりが立っているわ、魚どころか野菜も果物もあるわ…一体なんの店?といつも疑問に思いながら通り過ぎていた。
いや、通り過ぎてばかりで本当申し訳ないw
どうやらこの店、関西ローカルのテレビ番組を中心に「魚屋のカレー&占いの店」としてかなり頻繁に取り上げられてるようで、結構マニアには知られている模様。一杯180円という異常な低価格を実現している凄まじいカレーの味はどんなものなのか??
テレビのコマーシャリズムに毒される前に一度「魚屋のカレー」を体験してみたいと思い、2009年のゴールデンウィークに再びこの商店街にやってきたのだ。

件の「魚屋のカレー」の店舗は谷町線中崎町駅を上がった先の商店街を1分程歩いた所にある。店構えがなんとも目立つのでイヤでも目に付く。しかし以前よりも随分コンパクトになった気がするのだが…


nakazaki22.jpg
2年前に通り掛かった時は、この写真を見ていただいても分かるように、カレーライスだけではなく、カレーうどんもあれば牛丼や豚生姜焼きなどメニューが多彩だった。カレーにもマグロの唐揚げやカキフライなどのトッピングを付ける事もできた。ネット上で調べるともっと昔の情報も出てくるが、年々取り扱っている品目が減っているようである。
店の前に立つ私に店主のオバチャンが声を掛けてきた。
やたらテレビ局に紹介された事をアピールしてくるオバチャンの勢いの良さとは裏腹に、オバチャン本人の体調の問題などもあって品物はカレーライス一つのみに絞っているんだそうだ。
死ぬほど安い
2年前に訪れた時はカレーライス一杯180円だったが現在では一杯300円に値上がりしてしまっている。
確かアジアコーヒ日の出通り店のネーポンも一本250円だったのがテレビで紹介されるやいなや300円になり、しまいには500円にまで引き上げられたが、よしやのカレーが値上がりしたのもテレビの影響なのかそれとも2008年の原油高による値上げの影響なのか?
店主のオバチャンは非常に話し好きな人間だ。こっちが聞いてもいないのに色々とお店の成り立ちについて教えてくれた。
この店が純粋な魚屋だった頃、マスターの旦那さんが20年以上前に他界してしまっていた。残された奥さんは一人でこの店を切り盛りする事になった訳だが、ふと思いつき、自家製のカレーを売ることを思いついた。
お客に食べさせるとすこぶる好評で、今では「よしやのカレー以外のカレーは食べられない」というほどの高い評判を得ていると言う。そんなカレーが一杯300円で提供できる秘訣は何だろうか。
かなり興味が湧いてきたので、お店に入る事にした。

思いっきり魚の臭いが立ち込める店内の中央に置かれたテーブルにおもむろに座り込む。
人数分のカレーをオーダーするとオバチャンは店の奥でカレーの鍋をグツグツやり始める。

建物は魚屋のままで残っているのだが、かれこれ築50年程度になるという。
テレビやネットで紹介される事も多く、我々のような物見遊山の連中も良く店を訪れるのだとか。
表の魚屋や八百屋の品物が妙に少ない理由は、ちょうど連休中で、魚屋をやっている息子さんがいないため半分休業状態だったからだ。ついでに奥の部屋は占いルームになっていて、別の客が運勢を占ってもらっている最中だった。
どうやら占いスタッフは店のオバチャン以外に何人かいるようです。

そして10分程待つど出来上がった、これが「魚屋のカレー」のカレーライスだ!!
隠し味にコーヒーと赤ワインと、もう一つの企業秘密が入っている。もちろん味は文句なしに旨いぜ。肉も野菜も適度に入っていて、確かにホームメイドカレーとしては上級品である。
店主のオバチャン曰く、あくまでカレー屋や八百屋、魚屋は「副業」としてやっているものであって、本業はあくまで「占い」なんだって。この店舗もオバチャンの自宅であるので、家賃が要らないから、その分気楽に商売ができる。趣味の一環として、美味しいカレーを安く食べてもらえることでお客の笑顔が欲しいということを言っていた。
人情味豊かなオバチャンでした。
おしゃべり好きのオバチャンは将来この店を改装してカレー専門店に作り変えるとまで言っていた。店でお客がカレーを食べている所を見られないように、店をちゃんと作り変えたいだとか。
いや、大阪DEEP的にはそのままでいいと思うんですが。。。
お願いだから、テレビのコマーシャリズムに毒されず、そのままでいて。。。
毎日欠かさず続けている層化のお題目が凄く力を与えてくれると言ってました。
そ、そうかそうか。継続は力なりというのは真実ですよね。
ごちそうさまでした。。。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る