この記事を人に教える

占いサロンもやってる!住吉大社前の電波チックな貼り紙だらけの「三井薬草園薬局」が気になる件

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市住吉区にある住吉大社…毎年正月の初詣には多くの参拝客が訪れる大阪屈指の古社として全国的にも知られる。そんな場所にひょっこり訪れていた訳ですが…

大阪市住吉区 住吉大社

当取材班、住吉大社のようにあんまりメジャー過ぎるような場所はこれまで無意識に行かなかった事もあってこの界隈の事もよく知らなかったんですが、たまには素直な気持ちでどメジャーな神社にお参りくらいしても良かろうと思ってきただけの事でした。しかし…

大阪市住吉区 住吉大社

お参りを終えた後に神社から南海本線の住吉大社駅に戻る途中、チンチン電車が走る目の前の交差点の角にやけに珍妙な趣きの店があるのが目に入った。

大阪市住吉区 住吉大社

店の外観を見て、それが「三井薬草園薬局」という街の薬局である事はすぐに見分けが付くが、何やら外観にぶっとい筆書きの貼り紙がベタベタと貼り付けられまくっていて、異様な電波を発している。これは一体…

大阪市住吉区 住吉大社

横一列にずらりと列記された「辛い症状」の箇条書き。長い人生、心も体も悩みの種は尽きないもんです。しかし心なしか下半身の症状が多く挙げられている気がしなくもない。やっぱり場所柄なのか。

大阪市住吉区 住吉大社

おまけに無造作に並べられた朝鮮人参酒の瓶や「元気モリモリやる気の出るアンプル中にあります」「天然すっぽん」等の筆書き貼り紙や、ソッチ方面の精力剤の広告の数々が、場の怪しさに一層彩りを添えていて非常に香ばしい。

大阪市住吉区 住吉大社

群馬県大泉町にある「浅見薬店」を彷彿とさせる個人プレイ炸裂ぶりの薬局だが、住吉大社の目の前という立地の良さにも関わらずあまりネット上に情報がないのが逆に不思議でしょうがない。

大阪市住吉区 住吉大社

そんな「三井薬草園薬局」だが、テレビには過去何度か紹介されているようで、結構古めかしい関西ローカル番組の取材時の写真が誇らしげにいくつも展示されていた。読売テレビ放映、平成10年の日付で海原やすよ・ともこさん2人来店とか、やっぱりローカル臭きっついすね。

大阪市住吉区 住吉大社

実に味わい深い「子供の病気相談実施中」のイラスト。両目がバツマークで鼻風船を出した間抜け面のお子様の口から「ハックション」の文字が立体的に飛び出しているあたりのセンスが特に良いですね。

大阪市住吉区 住吉大社

しかもこの薬局、やはり普通にあるようなそんじょそこらの薬局とは訳が違い、なぜか占い&結婚相談サロンが併設されている。薬では解決できない病でも、ここでは解決してくれるらしい。

大阪市住吉区 住吉大社

で、ここの玄関口のあたりもやたらとオカルト臭を放っていて入りづらさ満点なんですが、「住吉大社のお母さん イキイキ占いサロン」と銘打った広告も掲示されている。手相と気学で鑑定料は3000円。結婚相談、人生相談にも応じている。

大阪市住吉区 住吉大社

チンチン電車が通る車道側にも「イキイキ健康サロン」の看板が。こちら側だけ見ている限りもはや完全に薬局の店構えではない。

大阪市住吉区 住吉大社

石切神社の参道商店街もこんな感じの怪しげな占いの館がびっしりひしめいているのを思い出したが、住吉大社だって、もはや神頼みしかないという悩み深き方々がやってくる駆け込み寺のような場所になっているのかも知れない。

大阪市住吉区 住吉大社

こちらも人生こじれ気味なようなので、試しに中に入って鑑定を受けてみる事にした。 鑑定師である「住吉大社のお母さん」は、完全に大阪のおばちゃんを地で行く人物で、ベタな大阪弁で色々と悩みや何やらを聞いてくれる。まあ、ものの10分くらいで終わりましたけどね。非常にあっさりとした鑑定ですが、間違った事は一言も言いませんでした。

大阪市住吉区 住吉大社

そんな怪しげだけど間違いない住吉大社前の占いサロン、お暇なら立ち寄ってみては如何でしょう。電話番号の語呂がめちゃくちゃで意味を成していないのがご愛嬌です。

三井薬草園薬局・大社前占いサロン

大阪市住吉区長峡町2-11
[map addr=”大阪市住吉区長峡町2-11”]


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る