「 京都府 」一覧

全33件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (3) 橋本湯

橋本遊郭のメインストリートだった街道筋に出る。現在はごく普通の住宅街と化しているが時折古い妓楼の建物がそのまま使われている箇所が残っている。 淀川沿いの旧京阪...

>記事全文を読む

NO IMAGE

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (2) 橋本小金川

京阪橋本駅の京都方面改札を降りて正面を20メートルほど進むと曲がり角の付近に早速遊郭時代の妓楼が現れる。 橋本遊郭跡は既にここから始まっている。妓楼の建物はそ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

京街道・橋本遊郭跡を訪ねる (1) やをりき食堂

大阪から京都へ抜ける「京街道」、この街道に概ね沿った形で走っているのが現在の京阪本線だが、ちょうど大阪府と京都府の境目にある「橋本駅」の真ん前に物凄い規模で遊郭...

>記事全文を読む

”自由の学風”で中核派の根城になってます!これが関西の最高学府「京都大学」です! (全3ページ)

”自由の学風”で中核派の根城になってます!これが関西の最高学府「京都大学」です! (全3ページ)

京都と言えば関西随一の文教都市である。その中でも関西きっての最高学府である「京都大学」の存在は誰もが知るところだ。日本において東京大学に次いで二番目に創設された...

>記事全文を読む

最強の怨霊・崇徳天皇を祀る日本最強の縁切り神社「安井金比羅宮」にお参りしてきました

最強の怨霊・崇徳天皇を祀る日本最強の縁切り神社「安井金比羅宮」にお参りしてきました

日本は八百万の神の国。全国津々浦々にいろんな神様があらせられる訳だが、2010年の初詣にと京都を訪れた取材班。普通の神社ばかりに行くわけもなく、かねがね噂に聞い...

>記事全文を読む

京都駅至近のリアルパッチギコリアタウン!「トンク」こと東九条界隈を歩く (全3ページ)

京都駅至近のリアルパッチギコリアタウン!「トンク」こと東九条界隈を歩く (全3ページ)

伏見稲荷大社での初詣を済ませた大阪DEEP案内取材班は、そのまま伏見街道を北上して東福寺駅前に辿り着いた。ここが今回の京都取材の目的地の一つだ。JR東福寺駅から...

>記事全文を読む

NO IMAGE

伏見稲荷大社 千本鳥居

新年明けましておめでとうございます。 大阪DEEP案内取材班も、取材の無事を祈って人並みに初詣に出かけた訳でございます。 2010年の門出を迎え、訪問したのは...

>記事全文を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (3) 私のしごと館

特にゾーンIで目立つのが、部屋の中央に並ぶ巨大な構造物の存在。その構造物の入口付近で、またしても暇そうに立ち尽くしている職員の女性2人が所在無さげな表情でこちら...

>記事全文を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (2) 私のしごと館

ハコだけ作って人集まらず、関西学研都市のダメポな現状を引き続きお伝えして参ります。 次は「私のしごと館」。学研都市の中枢エリア、精華・西木津地区にあり、敷地は京...

>記事全文を読む

NO IMAGE

関西学研都市ダメポツアー (1) 国立国会図書館

大阪だけじゃなくて、関西2府4県にお住まいの方々へ。 「関西文化学術研究都市」には、行った事はございますでしょうか? 茨城県つくば市にある「筑波研究学園都市」...

>記事全文を読む

限界マイホーム!北摂のマチュピチュ住宅地「茨木台ニュータウン」はとんでもない山奥にあった!

限界マイホーム!北摂のマチュピチュ住宅地「茨木台ニュータウン」はとんでもない山奥にあった!

かつて高度経済成長や一億層中流意識を経て日本人の誰もが夢を見ていたであろう「マイホーム」の夢。その夢は一度昭和末期のバブル経済によって庶民の手から遠ざかってしま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

廃墟萌え・西舞鶴 謎の廃ビル

その廃墟はJR西舞鶴駅から程近い住宅街の一角にひっそり建っている。 周りの住宅からは隔絶され時間が止まったままのようになっている。学校のような、もしくは寮のよう...

>記事全文を読む

NO IMAGE

軍港舞鶴 (3) 稲荷神社編

舞鶴といえばもう一つ、物騒な話があった。 2006年末の「神社新報」に掲載された、舞鶴市内の稲荷神社乗っ取り騒動である。 2007年6月に稲荷神社の土地...

>記事全文を読む

NO IMAGE

軍港舞鶴 (2) 赤レンガ編

軍港の町、舞鶴は市街地が東西に分かれている。 そのうち市役所や自衛隊施設などが並ぶ中心街が東舞鶴エリアになる。 もしも舞鶴に電車で来た場合にやってくるの...

>記事全文を読む

NO IMAGE

海上自衛隊舞鶴地方隊 自衛隊桟橋見学 (3)

舞鶴自衛隊レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ。 格納庫から甲板へ出ると、そこはまるで「男たちの大和」そのまんまの風景が広がっている...

>記事全文を読む

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る