この記事を人に教える

大阪市無駄物件図鑑「大阪ドーム」(現:京セラドーム大阪)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

ネーミングライツは京セラへ、球団もろともオリックスに身売り
大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)
大阪市西区千代崎に造られた「大阪ドーム」は1997年3月1日にオープン。
世界初の可動天井でコンサートからプロ野球まで多目的に使用できることを売りにした収容数5万人の超巨大ドーム、総工費は696億円にも上る。大阪市が20%以上出資する第三セクター「大阪シティドーム株式会社」が運営していた。


ドーム完成後、それまで藤井寺球場を本拠地にしていた「近鉄バファローズ」がオープンを機に本拠地をここ大阪ドームに移転。
しかし球団の経営難を理由にオーナー会社の近鉄(近畿日本鉄道)がオリックスに球団を身売り。
バファローズのファンは猛烈に球団合併に反対して抗議集会も開かれたものの、赤い猛牛軍団はもはや市場に運ばれる仔牛のごとくドナドナドーナードーナで2005年からは「オリックス・バファローズ」である。
オリックス・バファローズ
だがバファローズが身売りしなければならなくなった原因こそが大阪ドームへの年10億とされる高額な年間使用料だったのである。過剰に豪華な施設は維持費もバカにならない。藤井寺から動かなければよかったのに…
ジャンピング禁止
コンサートでジャンプすると周辺に人工地震発生
さらに追い討ちを掛けたのが、ドーム周辺の「人工地震」。まさかとは思うが、ドームでコンサートをやっている最中、観客が一斉にジャンピングすることで、あろうことか周辺に震度1-3程度の地震が発生。周辺住民からジャンピングを伴うコンサートはやめてくれとクレームが入った事があるのだ。
これは大阪ドーム周辺が元は干拓地であり地盤が弱いという事に起因するということだ。
このことで、GLAYをはじめとしたビッグアーティストのコンサートができなくなり、さらに収入源を減らしてしまうこととなる。
もはや多目的ドームの名目も失われ、自慢の可動天井「スーパーリング」は供給会社の部品生産中止でメンテナンスができなくなったため、もしも故障した場合動かせなくなる恐れがあるので、地上60メートルの位置で固定させたままの状態だ。
そして、その運命を待ち構えていたかのように、第三セクター「大阪シティドーム株式会社」は、同じく大阪市の第三セクター会社「クリスタ長堀」と時期を同じくして、2004年11月1日付で債権放棄で特定調停申し立て、つまりご破算。
現在の大阪ドーム
京セラドーム大阪
大阪ドームはオリックスが90億で施設を買い取り(→記事)、大阪ドームの命名権を京セラ株式会社と契約が締結され、施設名も「京セラドーム大阪」に変更される。大阪市側は108億円の債権放棄。
自慢の可動天井「スーパーリング」
「スーパーリング」使用不能
巨大なガスタンク
大阪ドームの隣には大阪ガスの営業所と巨大なガスタンクがある。
郷ひろみのイタメシ屋も愛想尽かしもぬけの殻
パ・ドゥー
大阪ドームの駅からすぐの、複合アミューズメント施設・大阪ドームシティ「パ・ドゥー」。大阪ガス子会社とセガの共同出資で運営されている。
ゲーセン「セガアリーナ」やボウリング「BOWL123」「びっくりドンキー」は健在だったが、郷ひろみプロデュースのイタメシ屋「SOGNI di SOGNI」は2003年6月に心斎橋に移転していた。
イタメシ屋の残骸
元は大阪ドームのこの場所で営業していた郷ひろみプロデュースのイタメシ屋「SOGNI di SOGNI」の残骸。
客層に応じて1階と2階に分かれていたが1階はびっくりドンキーになっているものの、2階のほうは2007年時点でもまだ代わりのテナントが入っていない状態だ。
せっかくのテナントが誰も入らない状態が続くというのは通常の企業の感覚だとそれは「死」を意味する。
民間企業ならば必死で巻き返しを図るか不採算施設だと読めばとっとと潰すのだろうが、大阪ドームは悪名高き大阪市の第三セクター。
阪神西大阪線の延伸工事
ドームの前でも阪神電鉄西大阪線の延伸工事が始まっていた。
阪神西九条駅開業から40年間九条の住民の反対運動に遭った為に安治川の手前の西九条駅で終点だった阪神西大阪線。それがようやく九条へ、千代崎へ、そして難波まで通じるのだという。
開通後は、阪神電車と近鉄電車が相互直通運転を行い、三宮と奈良が乗り換えなしで直結する予定。運営自体は阪神電鉄と大阪市・大阪府(出資比率:阪神50%/市33%/府16%)が出資する第三セクター「西大阪高速鉄道株式会社」が行う。
大阪ドームの中にあるガラガラショッピングモール
696億円も掛けてつくられたのに可動屋根も動かせないわ、ジャンピングで地震が起こるからとライブイベントもできない、そんな可哀想な大阪ドーム。その建物の中もかなりキテるのだが、「グリンドムモール」というショッピングモールが2階に入っているのはご存知だろうか。
グリンドムモール
案内板に書かれている通り、案の定大阪市の外郭団体がテナント穴埋めを行っている。「(財)大阪市体育協会」「大阪市スポーツギャラリー」、あとはファーストフード店とうどん屋とレストラン、スポーツ店が気持ち程度入っているだけである。本当に誰も居なさ過ぎて笑えるのだが、イベント開催時はもう少しマシなはずであろう。そう願いたい。
閑散とした館内
閑散とした館内
だが、日曜日ですらこの閑古鳥状態。決して駅から距離があるわけでもない。大阪ドーム自体が普通のスタジアムに留まらず、一大アミューズメントゾーンとしてアテ外れに大風呂敷を広げてしまった結果の成れの果てである。まさに三セク運営の弊害と言える。
大阪市スポーツギャラリー
で、やはりなのだが、南港WTC同様、誰も入らないテナントを穴埋めする形で大阪市の公的施設が入居している。写真は「大阪市スポーツギャラリー」。
しかし大阪ドームで最も笑えないネタなのが、大阪市の市職員互助組合の組合員用に特別観覧VIPルーム7室が公費で用意されていたという話。人様の税金を何だと思っているのだ。ああ、大阪市民はお気の毒ですこと。
ついでに「ビスタルーム」の中はこんな風になっているらしい
ビスタルーム入口
現在大阪市は、大阪ドームの運営から全て手を退いている。
幻の屋内遊園地「シムランドQ」
巨大な大阪ドーム。その9階部分にあたる、外から見ると蛇のように周囲を取り囲む屋根の内側に、かつては屋内遊園地があったことは、今の大阪市民でもご存知な方は多くないだろう。
今ではそこには外周600メートルの巨大スペース「スカイホール」が存在するのだが、以前は「シムランドQ」という幻の屋内遊園地が存在していたのだ。まさに隠れた第二の「フェスティバルゲート」である。
4-01.jpg
かつて「シムランドQ」があったドーム9階へ通じる直通エレベーターも使われず放置状態。
あまりにマイナー過ぎて知らなかったので「シムランドQ」でググってみたが、出てきたのはこちらのブログの一枚だけ。

既に2001年の時点では閉鎖されてしまっていたらしく、その後はイベントホールとして扱われているが、恐らく内部は広大な廃墟と化しているはずだろう。今となってはその中にも入れないので、頭の中で想像するほかない。
もし、シムランドQに遊びに行かれた方、もしくは写真をお持ちの方は是非ご連絡を頂きたいと思う。写真提供者の方には内容に応じてささやかな謝礼を致します。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る