この記事を人に教える

大阪屈指のオヤジタウン「京橋」はええとこだっせ (2)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

JR京橋駅の改札を東へ抜ける。目の前には立ち飲み居酒屋やチケットショップが並び、所狭しと仕事帰りのサラリーマンが闊歩する。道行くオヤジを呼び止めて店に呼び込むキャバクラの若い男女。良く言えば庶民的な歓楽街だが、薄汚れた街である。だがそれが京橋のオンリーワンであり、人々を寄せ付けてやまないブラックホールのような混沌が存在する。
京橋駅前
この街では良くも悪くも底抜けの開放感が支配する。エンドレスで流れる「グランシャトーのテーマソング」もそれに拍車をかけていることだろう。上半身の開放感は途方も無い数の居酒屋で満たして、下半身の開放感は…言わずもがな。
しかし客引き禁止と垂れ幕が掛かっているのに、どこのキャバクラも正々堂々と客引きを行っている。さすがルール知らずの大阪クオリティ。


立ち食いうどん
立ち食いうどん屋が店の前にテーブルを出している。昼時ともなれば通路の半分くらいが塞がれて、つかの間のうどんテラス状態に早変わり。なんとも京橋らしい風情だ。
グランシャトー横
グランシャトービルの横の路地へ入ると、そこはひと世代前もふた世代前もの雰囲気を残す歓楽街。しかし、やはりというべきか、通行人はチンピラ紛いの者も少なくない。写真の撮影には細心の注意を払うべきである。因縁をつけられたくなければ、本来カメラは出さないほうが良い。
そんなグランシャトービルの一角にある「ナイトクラブ香蘭」という名のキャバレー。
ナイトクラブ香蘭
ここもグランシャトービルと同じ老舗中の老舗キャバレーとして京橋では不動の地位を譲らぬ有名な場所である。店内は日本国内でも数少なくなった70年代スタイルを今に残す。
ただ老舗だけではない。キャバ嬢の平均年齢まで「老舗」だというのだ。平均50代、最高齢では80代のキャバ嬢までいると言われる。もはや「魔界」だ。しかし人生の荒波に呑まれ幾多もの皺を刻んだ分、女性にも品格が出るものであろう。だからこその人気を博しているものだろうと思う。まだ入ったこと無いけどね(笑)
でも、飲み放題でセット料金2000円からというのは破格。ババアばかりという訳でもないので身構える必要なしです。キャバクラ好きな人はぜひどうぞ。
焼肉屋
しかし大阪では駅前と言えば必ずと言っていいほど焼肉屋とパチンコ屋が存在する。それがどんな辺鄙な駅前でもだ。
終戦後間近に焼け野原になった駅前の一等地が「戦勝国民」と名乗る三国人(朝鮮・中国・台湾)によって不法に占拠され、そこに闇市が出来て、それも間もなく警察に撤去された後も、このように焼肉屋、パチンコ屋という形で残っている。だから今になってどうこう言うつもりもないが、そんなことがあった事も日本の戦後史の一つの事実であったことも忘れてはならない。
時代を感じさせる「洋酒喫茶」
「洋酒喫茶」という言葉も珍しく聞こえる。京橋という街もとことん昭和の空気が残っている一画だ。
キャバクラだらけ
京橋はキャバクラ密集地帯。ツーショットキャバクラってことは女の子と一対一ですか。この街には男の欲望を満たすものが何でもありそうな気がする。
無料案内所
京橋はどこまでも男の為、いや、オヤジのための街である。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る