この記事を人に教える

万国旗が縦横無尽に駆け巡るレトロアーケード街!寝屋川市萱島「京阪トップ商店街」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪の淀屋橋と京都の出町柳とを結ぶ京阪電車に乗ると、特急電車が全て素通りする枚方市から手前の駅はどれも凄まじい下町ばかりで、各駅ごとに探索してみたい欲求に囚われるのだが、今回やってきたのは寝屋川の萱島駅。

寝屋川市 萱島

萱島と言ったら京阪萱島駅構内をぶちぬく萱島神社の大クスノキが有名な街だが、駅からちょっと歩いた所に恐ろしくレトロでオツな商店街があるのをすっかり見過ごしていた。「京阪トップ商店街」というらしいんですが、この貫禄のある佇まい、のっけから期待が高い。

寝屋川市 萱島

おもっくそ昭和な佇まいのアーケード街、中央通路にトタン葺きの質素なアーケードを備え、その両側に2階建ての店舗が連なっている。二階部分は住居も兼ねているのだろうか。毎週水曜日が商店街の定休日となっているので、訪問には注意が必要だ。

寝屋川市 萱島

規模的にも大した事はなく、駅前の住宅街の1ブロックにあるのみで、T字型の中央通路は「萱島銀座商店街」と連結された形になっている。古くから商売を営む個人商店ばかりで、角のタバコ屋を兼ねた日本茶専門店、化粧品屋、それから生鮮食品店各種が入居している。

寝屋川市 萱島

頭上を一目見ると、建物から店の看板からアーケードから、これまた相当な年代物である事が分かる。いつ頃出来た商店街なのか、詳しい歴史が良く分からないので、国土地理院のサイトから昔の地図を引っ張りだしてこの付近の街並みの変遷を見た。どうも昭和30年代末期頃には既にあったらしい。

寝屋川市 萱島

萱島駅周辺は昭和30~40年代までの間の高度経済成長期に宅地開発が一気に進められ、今となっては貧乏臭く見える諸々の文化住宅がひしめく街並みになったが、それまでは寝屋川を挟んだ東側一帯は殆どが農地になっていた。昔の航空写真を見た限り、この京阪トップ商店街がある駅前付近は先立って住宅開発が行われている。

寝屋川市 萱島

そしてアーケード街を縦横無尽に駆け巡る万国旗の密集度たるやなかなかの迫力。こんなどマイナーでどローカルな商店街で万国旗が掛かっている光景はある意味シュールにも思えるが、某学会員がお好みのルーマニアの三色旗は一つもありませんでした。

寝屋川市 萱島

京阪トップ商店街は全長50メートルにも満たない小さな商店街で、元々の店舗も十数店舗しか無かった中、今では廃業した店と現役の店が半々くらいになっている。

寝屋川市 萱島

年の瀬の最中にこの商店街に足を運んだが、ちらほらと高齢者ばかり地元民が買い物にやってくる程度で、それぞれ商店主達はマイペースで仕事を行っていた。時間の流れが止まったかのような空間。

寝屋川市 萱島

商店街の中央にはベンチなんかが置かれていて買い物がてら休憩もできる。さすがに活気のある商店街とは言えない風情だが、萱島界隈はここ以外にもスーパーが何箇所もあるし、普通に暮らす分には不便のない住環境である。

寝屋川市 萱島

隣接する萱島銀座商店街との結節点となるT字路付近、このように引いた視点で見るとかなり迫力ありますね。角の「おしゃれ衣料スーパーきくや」に売られているのがおばあちゃん服ばかりで全然おしゃれ感皆無なのが良い。

寝屋川市 萱島

商店街の反対側の出口には八百屋が現役稼働中。見た目もボロボロで老朽化が激しい商店街だが、まだ全然元気そうだ。

寝屋川市 萱島

しかし一転して隣接する「萱島銀座商店街」の方を見ると、これまた悲惨なくらい空き店舗と空き地だらけでオワコン状態が酷い件。いらっしゃいませと言われても全然買い物できる店がありまへん。ピエリ守山もびっくり。

寝屋川市 萱島

「銀座商店街」と名が付く程の商店街なのにこの寂しさは一体何でしょう。別に解体間近で店が立ち退いたとかではないのは、シャッターが降ろされた店舗の前に「貸店舗」の貼り紙がある時点でわかる。

寝屋川市 萱島

現役の店舗はせいぜい入口付近にある薬局など数軒のみで、あとは全てシャッターが降ろされた状態で、レトロ感満載の「アサヒ靴」「アキレス靴」の看板が残る古い靴屋の店舗なんかが見られるだけ。

寝屋川市 萱島

萱島あたりは大阪都心周辺の下町エリアと郊外住宅地との境目くらいにある街で、ちょっと幹線道路沿いに出ると今どきな真新しいロードサイド店が見られるので、こうした古い商店街がいつまでも残っている保障は無さそうには思えますねえ。

寝屋川市 萱島

それはそうと「京阪トップ商店街」という名称がどこから取られたかがよく分からなかったのだが、近所にあるスーパー「トップワールド」とは関係あるんでしょうかね。寝屋川市に本社があって北河内一円に複数店舗を構えるローカルチェーン。24時間営業で下町住民の生活を支えている。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る