この記事を人に教える

阪急電車に乗って大阪一胡散臭い下町「十三」へ (3) 波平通り

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪十三発のパクリキャラ「サザエボン」が一世を風靡した1990年代も既に遠きにあり。パクリキャラの聖地であるかつての十三のシンボル、鉄腕アトムと磯野波平が合体した「鉄わん波平」がトレードマークだった十三駅西口の波平通りも著作権上の問題かキャラの看板を取り外して「WEST13」に衣替え。

相変わらず鉄わん波平のシルエットがくっきり残ったままなのが逆に痛々しい。名物パクリキャラが居なくなった商店街の様子も少し見ておきましょうね。

十三駅前西商店街はまさしく路地裏の繁華街といった印象。満員大入りのパチンコ屋の前の路上駐輪が狭い路地をなおさら狭くしている。

戦後のドサクサという言葉が思い浮かびそうな年代物の不動産屋兼自転車預かり所。どよーんとした雰囲気です。淀川区だけに空気が淀んでます。

十三駅前も大阪の他の街同様に駅前が闇市の名残りになっているので、この猥雑さはどうにも変えようがない。トミータウンを挟んだ北側の路地も「しょんべん横丁」だし。

そんな中にあった老舗っぽいオヤジの楽園「十三サウナ」は2011年の廃業以来建物が放置されてしまっていて、店の入口付近はバリケードで囲われてしまったままだ。

しかしこの辺の雑居ビルにも随分如何わしい店が入り込んでいて笑っちゃうんですけども。どんな客が出入りしているんだろう。

このキャッチフレーズにピクンと反応しちゃう世代はきっとおニャン子クラブが好きだった世代に違いない。

何の事もなさそうな雑居ビルでも入居テナント一覧をひと目見るだけでプチ魔窟状態なのが容易に想像できる。これが十三クオリティ。

もはや破廉恥過ぎて言葉が出ない。橋下徹市長を輩出した名門北野高校の生徒からすればごく当たり前の景色なんだろうが。彼の類稀なる才能(色んな意味で)はこの街で育まれたのだろうか。

なお、在りし日の波平通りと「鉄わん波平」はこのようになっておりました。これが長年許されていたとはいやはや大阪は著作権違反に寛容なお土地柄ですこと。昔パクリキャラを巡って長谷川町子美術館や赤塚不二夫、手塚プロあたりに訴訟を起こされたという「サザエボン騒動」というのもあったけどな。その辺詳しくは別サイトにて説明しているので参考に。そういえば手塚治虫氏も北野高校出身なんだよな。知らなかった。

阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD]
ポニーキャニオン (2011-10-28)
売り上げランキング: 10,025
武田薬品工業 アリナミンV トク 50ml×10本
ハウスウェルネスフーズ
売り上げランキング: 2,129
バカモン!波平、ニッポンを叱る
永井 一郎
新潮社
売り上げランキング: 575,264
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る