この記事を人に教える

JR奈良駅東口・杉ケ町界隈の微妙な街並み (2)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

観光都市奈良の玄関口のはずなのに何故か怪しい佇まいが残るJR奈良駅東口、杉ケ町界隈の街並みを引き続き見ていこう。
109-144.jpg
おニャン子倶楽部やスナックビルなんぞが並ぶ、ちょっとアレな夜の街から東側へ路地を抜けると、やはり住宅街とスナックが半々になった街並みが続いている。ここから奈良町の街並みやもちいどのセンター街などがある中心市街地からは、約500メートル離れている。


109-145.jpg
東側に行けば行く程、奈良らしい古い街並み、平屋建ての木造家屋が沢山現れる。それでも寂れた風情は変わる事がないのだが…
109-146.jpg
…ふとそこで民家の間からやけに場違いな巨大煙突が見え、思わず立ち止まる。銭湯の煙突にしてはデカ過ぎるよな…そう思って気になった物件に近づいてみる事にした。
109-142.jpg
住宅街の区画を反時計回りに半周して、その気になる煙突のある敷地までやってきた。やはりそこは銭湯などではなく工場だった。調べてみると「喜多染織」という染織会社の工場だった。
109-141.jpg
なぜこの住宅街のど真ん中に染織工場がデーンと建っているのかその経緯も気になったが多分工場の方が昔からあるのだろう。工場の敷地は目の前の道路を跨いで連絡通路で南側の敷地へも伸びている。
109-143.jpg
その連絡通路の真下から建物を見上げる。ちょうどその場所は従業員の寮となっていたようだ。それはいいが「女子寮」と書かれている。戦前の「女工哀史」か「あゝ野麦峠」か。そんなイメージがよぎる訳だが紡績工場と製糸工場だから微妙にジャンルが違う。
109-147.jpg
そして今通っているこの道路、やけに道がうねっているし舗装がアスファルトではない辺り不審に思っていたが…「下水道敷地につき車両の通行を禁じます 奈良市」の立て看板の存在でこの道路が下水道の上に蓋をしただけの道である事に気づく。
109-138.jpg
歴史を感じさせる工場の建物とブロック塀に挟まれた奈良のど真ん中のエアポケット的空間。うらびれた感じは否めないが周辺住民には近道になっているためか結構通り抜ける人の姿は多い。
109-139.jpg
不法投棄も相次いでるみたいかしてこんな警告看板が置かれていた。それにしても「杉ケ町」で「するがまち」とは部外者にはとても読めない。難読地名の一つ。
109-140.jpg
染織工場の敷地の端までやってきた。古びたコンクリートの壁と屋根上の排気用の煙突にただならぬ哀愁を感じる。隣接する公園との間の微妙な空き地は何なのか気になる。
109-135.jpg
工場の東側に隣接する児童公園は遊具らしいものもなくただの空き地といった風情だ。染織工場を除けば殆どが住宅街になっている。
109-136.jpg
その公園の敷地から臨む工場の大煙突。やはり普通の煙突ではなく変わった形状をしている。周囲はマンションが目立つ街並みと化しているがそれでも存在感は全く衰えていない。
109-134.jpg
公園の入口は先程辿った下水道の上の歩道。等間隔にブロック付きの看板が設置されているのは車の通行を防ぐためである。奈良はいかにもな観光地じゃなくてこういう普通の住宅街に萌えてしまう。さすが古都だけに見所は多いですよ。

鹿ぼうずくん
鹿ぼうずくん

posted with amazlet at 11.07.06
丸惣
売り上げランキング: 40992
平城遷都1300年記念★奈良のキモゆるキャラせんとくん根付ストラップ(基本ポーズ)NK0401
株式会社StrapyaNext
売り上げランキング: 117318
The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る