この記事を人に教える

今宮戎神社・十日戎 (2) 参道の出店群

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

今宮戎神社レポートの続編です。初めからお読みの方はこちらからどうぞ

今宮戎神社の境内に入る前に寄り道をしてみよう。

出店群

十日戎のもう一つの見所は、神社の周囲に張り巡らされた大量の出店群である。ここに行かないわけにはいかんでしょう。

出店群

今宮戎神社の周辺から、出店の列が南海電車の高架線沿いに、難波駅前まで伸びている。

居酒屋の出店

十日戎の3日間だけはご覧のような活気を見せる今宮戎神社とその参道。しかし普段は裏寂れた下町でしかないし、この目と鼻の先に「ニシナリ」もあるので、正直言って街の雰囲気も悪い。

浪速区のデフォルト

浪速区のデフォルト

参道を一歩外れると、そこに広がるはアウトロータウン・浪速区クオリティ。

ホームレスに占拠された公園

まるごとホームレスに占拠された「日本橋公園」。えべっさんの福もここには届かない。

えべっさんショップ

えべっさんショップ

大小さまざまなえべっさんの福顔のついた縁起物の数々。
ものすごい量である。高いものは3万円台のものもある。
言うまでも無くこれが大阪の飲食店などに入れば目に付くものの正体だ。


えべっさんの品定め

縁起物とはいいながらも、高い買い物、家内の福の守り神となる「えべっさん」。なるべくならいい笑顔のえべっさんを選びたいもの。参拝客の目は真剣である。

これを買うときも相手の言い値そのままで買うのは大阪人のやり方ではない。店主と交渉して徹底的に値切りをすれば半額くらいには負けてもらえるという。ここで店主とのやりとりの旨い下手がここで試される。

値段の交渉

なにせ商売の神様だ。商才のない者はここでは損をするばかりである。
つまり大阪人はガメつくしぶとく生きるのが何よりの徳だという論理が成り立つ。遠慮してばかりの平身低頭な人間は大阪では最初から負け組みなのである。

こんな何気ない風景にも大阪人としての試練の場があるのだ。

毘沙門さん

今宮戎神社のそばには「えべっさん」だけじゃなくて毘沙門さんもいるのだ。こちらも参拝客でごった返している。

お不動さん

ついでにお不動さんもあるし、なんだか法善寺横丁みたい。
摂津国八十八ヶ所霊場第二十八番「毘沙門堂浪速寺」と申します。

毘沙門さん

毘沙門さん

年の初めに縁起の良い思いをするがそれにしても人の多さにはビックリ。
こんな小さなスペースだけあって身動きが取れなくなってしまう。

ゴミの山

だが、皆様が信心深く祈りを込めているこのお堂のまん前にこのゴミの山。罰当たりだぜ。
一体このようにして平気でゴミを散らかす者どもはどこの阪国人だ。
公共心がない「たんつぼの街」だと森喜朗が悪態をつくのも無理はない。

>次のページへ

関連記事
今宮戎神社

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る