この記事を人に教える

姫路城目前・本町商店街と「大手前第一ビル地下街」のレトロっぷりが気になる

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

JR姫路駅の正面から「みゆき通り」を姫路城方面にトコトコ歩いて行くと、姫路城の手前の国道2号を隔てて北側の商店街の名前が「本町商店街」に変わる。

姫路市 姫路

本町商店街まで来ると、駅前繁華街の喧騒も遠ざかり、なんだか下町風情の濃ゆい古びたアーケード街が姿を表す。ここを真っ直ぐ行くと姫路城があり、観光名所でもあるので人通りは常にある。

姫路市 姫路

国宝で世界遺産の姫路城という超A級の観光名所が目の前にあるにも関わらず、あんまり観光地臭がしないのは意外な感じですが観光バスに乗る団体ツアーでは立ち寄らないんでしょうかね。駅からみゆき通りを600メートル超、さらにそこから本町商店街の昭和な佇まいのアーケード街が100メートル少々続く。

姫路市 姫路

レトロな古書店もあれば小洒落た個人経営のカフェなんかもありいたって平和な光景。姫路と聞くと灘のけんか祭りだとか、DQN珍歩団が我が物顔の「ゆかた祭り」とか、もっと気性の荒い土地柄だと勝手にイメージしてましたが…と思ったのも束の間、目の前を傘をブルンブルン振り回しながら意味不明な怒鳴り声を挙げているババアが通り過ぎていった。姫路ってどうなんですかね…

姫路市 姫路

んで、本町商店街のアーケードが終わる辺りの角地にそびえる、かなり古めかしい外観の「大手前第一ビル」が目に付くはずだ。ビルの名前の通り、道路を挟んだ向かいに大手前公園があり、その向こうが国宝姫路城。なかなかの好立地だと思われるのだが…

姫路市 姫路

昭和47(1972)年に姫路城周辺整備事業計画の一環として建設されたという地上4階、地下1階建ての商業ビル。当時は市内屈指の近代的商業施設として誕生したそうだが、今見るとかなり古臭い。

姫路市 姫路

本町商店街側からも大手前第一ビルへの入口がある。何やら喫茶店やカラオケスナックの看板まで出ているので、そそられますよね。地下1階と1階が商業施設、2階から上は貸しテナントになっている模様。

姫路市 姫路

さらに矢印マークの「地下街入口」の看板が我々を昭和の空間へと引きずり込もうとする。地下街!こりゃ入るしかなさそうですね。どうでもいいけど管理組合の注意書きの看板に「浮浪者」の三文字が入っているあたりも言語感覚が昭和な証拠だ。

姫路市 姫路

築40年超の貫禄というべきか、地下街へ降りる階段の殺風景さは神戸高速鉄道あたりのろくに改修もされない古めかしい駅構内のそれを彷彿とさせる。この下に地下鉄駅でもあれば面白そうだが、別に普通の地下階があるだけだ。

姫路市 姫路

で、これが大手前第一ビル地下街。すっかりレトロ場末空間化しているかと思ったが、案外そうでもない。貸しスタジオやライブハウスが入っていて、やけに客層が若いのが特徴。なんか学生のグループっぽいのまでいるし。

姫路市 姫路

1995年から当地で営業しているライブハウス「姫路Beta」とミュージックバー「Joker」がこのレトロビルの地下街に今時な風を吹かせていて、まだ当分寂れる雰囲気ではなさそうだ。音楽イベントも頻繁にやっている模様。

姫路市 姫路

ちょっと若い子の音楽にはついて行けませんわ…という中高年ユーザーにはこちら「喫茶&カラオケ コートダジュール」は如何でしょう。演歌のポスターがベタベタ貼られていて、まあなんとも古風な佇まい。

姫路市 姫路

そんな中にぽつんと一軒だけ、昭和丸出しの純喫茶「コーヒーショップリヨン」があり、小腹が減ったらサンドイッチが食べられたりするのである。この喫茶店だけは大手前第一ビルが完成した当時からずっと入居している老舗らしい。

姫路市 姫路

音楽系店舗や純喫茶以外で残っているものはというと…閉店してしまった焼鳥屋などの飲食店が看板だけ残していたりする。いつまで現役なのか定かではないが、このタイムスリップ感はなかなか。国宝姫路城もいいけど、はるか昔の話より、身近な過去である昭和の遺物に執着してしまう性ですので…

姫路市 姫路

降りてきた側の階段とは反対側の階段を登り、大手前第一ビルを去る。姫路城観光のついでにレトロビル探検は如何でしょう。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る