この記事を人に教える

大阪市職員福利厚生御殿「阪南パラドーム」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪・阿倍野区。地下鉄昭和町駅を降りて、西の路地に入った住宅地の一角に、場所柄に合わないゴツイ建物がある。
阪南パラドーム
大阪市教職員互助組合の福利厚生施設「阪南パラドーム」だ。
宴会場や貸しホール、会議場などを備えた地上6階地下1階建ての建物。総工費は20億円。
1996年にオープンした施設は見た目にも物凄く豪華だが、大阪市の職員厚遇への批判を受けて、施設を丸ごと廃止することになった。2006年3月末日をもって閉鎖、寿命はわずか10年。


既に廃墟物件に
建物は売却先を探しているようだが、1年余り経った今でも放置され続けている。
張り紙
「大阪市教育委員会 給与課」の連絡先が書かれた紙が表に張り出されている。
阪南パラドーム
民間売却が難しい現状で、改めて図書館や市民会館といった公的施設としての利用価値はあるかどうか考えるが、同じ阿倍野区内にはあまりに贅沢すぎる「阿倍野区民センター」(総工費106億円)に既に図書館と巨大なホールが入っているので、どちらにしろハコモノの供給過剰感は払拭できない。(つまり取り壊すしかない?)
見上げると、この建物の巨大さ、豪華さが目に付く。
閉鎖された後で、中に入れなくなっていたのがとても残念だ。
阪南パラドーム
これが西成とか浪速区なら格好のヤンキーの秘密基地になっていただろうが、幸いにも昭和町駅周辺は大阪市屈指の文教地区で治安もさほど悪くない。荒らされたりしている痕跡は皆無だった。
地下駐車場付き
しかもこの阪南パラドーム、地下駐車場まで完備されている。至れり尽くせりである。

住宅地のど真ん中にある
いつまでこの施設を廃墟のまま放置し続け駅前の交通至便な土地を遊ばせているのか、生暖かく見守るとしよう。
■阪南パラドームのその後(2008/9/5)
民間業者に買われたそうですが、建物の一部は統一教会の施設になっているんだそうです(笑)さすが大阪民国やなw
MBS VOICE:「元大阪市の施設に宗教団体」
阪南パラドーム続編レポート!街は大変なことになっているぞ!

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る