この記事を人に教える

大阪市無駄物件図鑑「フェスティバルゲート」 (3)

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

1997年7月18日に大阪新名所として華々しくオープンして、それからわずか7年で経営破綻した都市型遊園地「フェスティバルゲート」。
2007年の夏の終わりに、もうすぐ取り壊される?という話を聞きつけ、写真だけ撮ってきました。夜景撮影で三脚すら用意せずというズボラっぷりですまぬが。
フェスティバルゲート


1997年7月18日に大阪新名所として華々しくオープンして、それからわずか7年で経営破綻した都市型遊園地「フェスティバルゲート」。
2007年の夏の終わりに、もうすぐ取り壊される?という話を聞きつけ、写真だけ撮ってきました。夜景撮影で三脚すら用意せずというズボラっぷりですまぬが。
フェスティバルゲート
新世界アーツパーク事業」で入居していたNPO団体は、二転三転する大阪市の方針に翻弄されながら、本来2013年までの活動予定だったのが変更になり、一足先に7月末で撤退している。
フェスティバルゲート
ジェラートとクレープの店
その後も1階にはコンビニ「サンクス」、2階には「モスバーガー」とジェラートとクレープの店、それから「大阪プロレス」が残っていた。
デルフィンアリーナ
デルフィンアリーナ
大阪プロレスは8月26日の試合を最後に「デルフィンアリーナ」を道頓堀に移転する。
コースター
頭上には、最近まで稼動していたジェットコースター「デルピス・ザ・コースター」のコースが蛇のようにビルの間を絡んでいる。全部壊してしまうわけで、非常にもったいない。大阪市三セク運営の杜撰な体質は最後までフェスゲに与えられた命を生かしきることはできなかった。
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
フェスティバルゲート
【続報】結局フェスティバルゲートは在日パチンコ企業「マルハン」に買われてしまったようです(笑)どのみち半島資本のパチンコ屋くらいしか買い手が付かんやろ思ってましたので驚いてもいません。
フェスゲ、14億2千万円で落札 パチンコ大手マルハン
参考ページ
フェスティバルゲート非公式ウェブサイト
参考になりそうな書籍

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

トップへ戻る