この記事を人に教える

【今北産業】尼崎市立花にある在日コリアンと団地の街「今北地区」を訪ねる

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市中心部から電車で僅か10分、兵庫県に属するものの実質的には大阪市内と何ら変わらないどころかアウトロー方面では存在感が半端ない街「尼崎市」。先日、山口組の分裂騒動で、神戸山口組からさらに分裂し、マスコミを呼び寄せて異例の記者会見まで行った「任侠団体山口組」の本部もこの尼崎にあるわけで、尼崎とヤクザは切っても切れないそれはそれは深い関係にある。この任侠団体山口組の代表になった人物も、その名前から在日コリアン系かとネット上では噂になっているのだが…

そんな「尼崎らしさ」を見せる街の一つが、JR神戸線立花駅に程近い一画にある。住所で言うところの尼崎市西立花町、稲葉元町に跨る地域を見ると、尼崎にはとりわけ多く暮らしている在日コリアンが特に多い地域であり、朝鮮学校や朝鮮総連、在日大韓基督教会といったランドマーク的な施設も集中している。一体どのような場所なのか気になったので訪れた。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る