この記事を人に教える

「尼崎連続不審死事件」の現場・尼崎市杭瀬を訪ねる

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

大阪市のすぐ隣「兵庫県尼崎市」は戦前から工業都市として栄え全国から労働者及びあまたの有象無象を受け入れてきた街である。2012年秋、この地でかつてない規模の大量怪死事件が発覚し連日の報道がお茶の間を騒がせた。

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相

モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 (講談社+α文庫)

その主犯格だった、この尼崎市の南東部にある「杭瀬」という街に住み着いていた女、角田美代子被告(同年12月留置場内で自殺、享年64)…

周囲に屈強なヤクザ者を従え巧みに人心を鷲掴みにし他人の弱みを狙い撃ちにして複数の一家をまるごと乗っ取り骨の髄まで寄生し、洗脳し、自分の意のままに操り、場合によっては実の家族同士で殺し合いすらさせる…小説「黒い家」顔負けの超弩級のサイコパスが関わったこの事件の全容、その規模は「北九州一家監禁事件」を上回る事は間違いない。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る