この記事を人に教える

歩行者専用海底トンネル「安治川隧道」

この記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

「安治川トンネル」は日本初の沈埋トンネル
大阪の片隅に、日本でも珍しい、川底を通る歩行者用トンネルが存在する。
その名も「安治川トンネル」。できたのは相当昔のこと、昭和19年に、西区九条と、此花区西九条の間を流れる安治川の間に通されたトンネルだ。
安治川トンネル入口
この場所は船舶の出入りが多いため、船を通す必要性から橋を架けるとするなら高い橋を架ける必要があった。だが、戦時中ということもあって、橋を架けるのではなく川の下からトンネルで繋ぐという方法をとったのだ。


トンネルを地上から見た図
トンネルの深さは地下14メートル。両側にエレベーターがあり、それぞれ自転車ごと乗り込んで入ることができる。
自動車用エレベーター
昔は自動車専用のトンネルも使われていたのだが、交通量増加・車両の大型化に伴いトンネル改良工事を計画したものの、周辺住民にことごとく反対運動に遭い、結局は断念。1977年に廃止されている。今でも自動車用エレベーターの遺構を見ることができる。
西九条の反対看板
JR西九条駅前の高架下には今でもその当時の反対運動の看板が外されず残っている。
トンネル内部
トンネルの中は片側通行で自転車がようやくすれ違える程度の道幅しかない。海底トンネルのために、外の世界とは違って随分と過ごしやすい。夏涼しく冬暖かく。
空襲でこの地区にも大きい被害が出たが安治川トンネルは損傷することもなく、現在までずっと長い間市民の足として使われていた。しかし、今になって安治川トンネルにも大阪市の財政難のあおりを受けることになった。エレベーターの無人運転化である。
エレベーター
それまで両側のエレベーターに人員が配置されていた。「エレベーターのおっちゃん」で市民にお馴染みの職員は大阪市の正規職員。それを全て廃止して防犯カメラを据え付けて、警備員を巡回させるようになった。
怖い階段
夜中になるとこのエレベーターの運転も止まり、階段でしか行き来できなくなる。階段だけは24時間終日利用可能なのだが、階段は狭くて暗くて、そして怖い。女性の一人歩きなんぞもっての他だ。実際に女性が暴漢に襲われる事件も起こっていて、治安上の問題もあるが、防犯カメラだけで不審者を管理しきれるものではないだろう。しかもこの場所では携帯電話が通じない。
怖いならそもそもそんな遅い時間に通るなよ、という話だが。
安治川トンネル関連記事
大阪の渡し船/概要/安治川トンネル

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。大阪ベイエリアの貧民窟育ち。独自のひん曲がった視点で街歩きを続けております。2008年より上京。関西に留まらず全国、海外に取材対象を薄く広く伸ばして来ました。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

この記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る